「フール・プルーフ」と「フェイル・セーフ」

人は誰でも間違える(ヒューマン・エラー)可能性を持っていることを前提にした安全対策のイロハです。 「フール・プルーフ」とはミスをカバーできること、「フェイル・セーフ」とはミスがあっても安全な仕組みを作っておくことでリスクを回避させる考え方です。 農場のバイオセキュリティーに例えれば、シャワー浴や専用作業着の更衣、各豚舎の長靴交換などがフール・プルーフになるでしょう。 隔離検疫舎での導入豚検疫がフェール・セーフとなります。農場への疾病の侵入は豚や精液、車両や人が大半を占めます。 すなわち、人災です。疾病が安定してきている今こそ、バイオセキュリティーの徹底を!

(参考図書:安全と安心の科学 村上 陽一郎著 集英社新書)


2012年03月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第15回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト