暑熱対策は有効環境温度がカギ

いよいよ夏に突入。みなさんの農場の暑熱対策はいかがでしょうか?そこで、暑熱対策の基本的な考え方を紹介します。 豚は人と同じ恒温動物で体温を一定温度に維持しようとします。動物からの熱の損失には顕熱と潜熱があります。 顕熱は環境温度と皮膚温度の差によって失われる熱量です。潜熱は糞尿の排泄や呼吸時の蒸発する水分が失われる熱量です。 夏季は環境温度が高く顕熱による熱の放散が少なくなり、体からの熱の排出は呼吸を早くして出そうとします。 「ハアハアした開口呼吸」、パンチング状態となるのはこのためです。 環境温度を下げることはクーラーなどの機械を使わないとできませんが、少しでも豚の感じる温度(有効環境温度)を下げてあげることがポイントです。 有効環境温度は気温、豚に当る風速、断熱状態、床の状態を加味した実際の豚が感じる体感温度となります。

2012年07月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第15回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト