高病原性PRRSの現状

 先月、第4回合同集会(日本豚病研究会、日本養豚開業獣医師協会、日本豚病臨床研究会)が開催されました。 動衛研からはPRRSの現状と最新知見の発表があり、アジアで発生している高病原性PRRSの話題もありました。
 2006年に中国で発生した高病原性PRRSは、200万頭以上が感染、40万頭以上が死亡した高致死率を示すことが特徴で、 瞬く間にロシア、ベトナムなどのアジア諸国に感染を拡大、昨年にはインドネシア、今年に入りインドとブータンで侵入が確認されたようです。 高病原性PRRSの実験感染を行った結果、致死性は再現されなかったが、特徴的な所見は再現されたようです。 しかし、混合感染が認められた場合、致死性が発現されたことから、 高病原性PRRSウイルスと他の疾病との混合感染が致死率を悪化させた原因であったようです。
 これらのことからPRRSウイルスの侵入を防ぐための確実なバイオセキュリティーと他の疾病との複合感染を抑えることが重要なことがわかると思います。

2013年11月05日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第16回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト