暑熱対策を忘れずに!

 PEDの感染が続いている地域があり、未発生農場では引き続きバイオセキュリティーの徹底と発生農場においてもウイルス量を減らすための消毒の徹底が欠かせません。ワクチン接種済みでも大量のウイルスが存在する状態では母乳に入っている免疫量では足りなく、子豚の症状が重くなってしまい効果が減弱してしまうこともあります。どのような農場でも「消毒の徹底」がカギです。今年はエルニーニョの発生予報が気象庁から発表されていますが、PEDの種豚場での発生などを受け種豚の供給が十分できない場合もあるようです。このように繁殖成績が落ち込みそうな要因が揃っています。例年通り以上の暑熱対策を行ってください。なお、季節性ワクチンである日本脳炎の確実な接種はもちろんのことです。PED対策も重要ですが、生産性にとって暑熱の対策も非常に重要な課題です。

2014年06月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第16回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

初級養豚講座

2013年3月11日、第11回初級養豚研修講座が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト