空気の持つ熱量を理解する!

 梅雨明け以降、酷暑に悩まされて対応されていることと思います。この時期の高温多湿の状態は、空気の持っている熱量が大きくなっているため、動物の体からの周辺の環境への熱の移行が少なくなってしまいます。動物からの熱の損失には顕熱と潜熱がありますが、環境温度が高い時は顕熱による熱の移行はほとんどない状態となってしまいます。そのかわり潜熱(開口呼吸をして熱を逃がそうとする)で対応することとなります。空気の持つ熱量を単純に計算できるようにしたものを「空気の熱量指数」と呼び、ウインドレスのすべての著者の岩谷氏が考案したもので、温度と相対湿度を掛けて算出します。環境温度も重要ですが、湿度が大きく影響していることが分かります。このような理屈を理解しておくと対応策に幅が出てきます。お盆を過ぎたころから環境が急激に変わります。朝晩の急激な温度低下と湿度が下がることで熱量指数が低下し、豚の体調を崩しやすくします。

2015年08月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第15回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト