雄豚の精液性状は大丈夫ですか?

 7月の中旬以降、東北、関東地方を中心に平年より2度前後高い気温を記録しました。ここに来てだいぶ涼しくなりましたが、9月中はまだ残暑が見込まれるようです。最近では、暑熱対策もしっかりと対応されてきている農場も増えてきて母豚の暑熱による繁殖成績への影響も少なくなってきています。残るは残暑(特に西日)対策と季節の変わり目による寒暖差や腹冷えには要注意です。また、雄豚の精液性状にも変化が出てくる時期でもあります。精子は精巣の中で精祖細胞から成熟精子になるのに約1か月半かかります。さらに、受精能を獲得するために精巣上体で約2週間滞在しなければなりません。すなわち、使える精子が出来るまでに2か月かかるのです。活力があり乗駕欲の良い雄豚でも精子の異常が見られたりします。精液検査で万全を期してください。

2015年09月09日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第15回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト