油断大敵!

 暖かくなった6月に入ってからも北海道、栃木、沖縄で次々とPEDの発生が報告されました。まだまだ、日本国内でPEDウイルスが蔓延している状態が続いていると言えます。導入豚に対する検疫等は確実に実施することは、あたりまえのことですが、特に、豚関連施設への出入りのある「人、物、車両」に対するバイオセキュリティーの徹底がカギを握ります。車両の消毒は、荷台だけでなくキャビンから下回りまで丁寧に消毒液をかけることが大切です。また、消毒薬はすぐに消毒効果が発揮されるのではなく、時間(感作時間)が必要です。さらに、消毒効果を高めるために消毒回数を増やすことや逆性石鹸の消毒薬であれば、消毒液をアルカリ性にすることで消毒効果が高まることも実証されています。出荷車両の運転手さんは、農場で降りてもらわない方が良いことですが、降車する場合は、農場専用の長靴、作業服、手袋等を用意し着用してもらってください。PEDの被害を軽減させる方法は確立されてきましたが、発生した場合は大変な思いをしなければなりません。油断大敵です。

2016年07月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第16回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト