食の安全を担う「農場HACCP」と「JGAP」

 食の安全を担保するために平成24年からスタートした農場HACCP認証制度は、70以上の養豚場が認証されており、認証に向け取り組んでいる農場もたくさんある状況です。平成29年4月には、JGAP畜産版の基準が発表され、すでに認証された農場、現在認証に向け取り組んでいる農場もあります。農場HACCPは農場運営、食品安全、環境保全を中心としたマネージメントの認証(改善の仕組みを審査)です。JGAPは、農場HACCPに含まれている食品安全や環境保全のほかに労働安全、人権・福祉、アニマルウエルフェアなどが追加された製品認証(チェック方式)です。東京オリンピック、パラリンピックでの食材提供でGAPが話題を呼んでいますが、これからの養豚経営にとって食の安全・安心だけでなく、農場スタッフの教育やスキルアップにもつながり、持続可能な農場運営のためにも取り組んでいかなければならない課題ではないでしょうか。

2018年02月01日




消費者の方へ

PICK UP

エスエムシー

当院提携の検査会社

PED関連資料

第16回初級養豚講座

CLINIC INFO

神奈川県厚木市上古沢1816
TEL:046-248-7701
FAX:046-248-7714
受付:AM09:00〜PM5:00
定休日:土日祝日

生産者・養豚関係者の方へ

PICK UP

第13回初級養豚講座

2015年3月9〜12日、第13回初級養豚講座が行われました。

セミナー情報

2013年5月31日、人材育成セミナーの3回目(最終回)の講義が行われました。

セミナー情報

2013年2月20日、人材育成セミナーの2回目の講義が行われました。

セミナー情報

2012年11月8日、人材育成セミナーの1回目の講義が行われました。

会員専用サイト